10月の里山学校の様子

10月28日(日)、美しい秋晴れのなか里山学校Vol.3が開講されました。
近くは葉山の町内から、遠くは八王子・多摩方面からたくさんの方がお運びくださり、毎回のことですがとても和やかでゆったりとした時間のなか、星山先生のお話しで学びを深め、タロウとルーカスとの交流から参加してくださった皆さんそれぞれに、たくさんのものを感じ取って頂けた一日となりました。

大人が熱心に先生のお話しに耳を傾けている最中・・・
子どもたちは?というと・・・

↑なにやら、里山で拾い集めてきた材料を使って「あおぞら工作教室」がはじまったり・・
楽しい作品が沢山できましたよ~!

↓これもそのひとつ。 3歳の女の子が黙々と作業に没頭して「出来た~!」っと見せてくれたのが、この木の枝にデコレーションしたもの。
「魔法のつえ」だったかな?! 実物は写真の何倍もかわいらしいです。

おままごとしたり、ペタペタ貼り付けたり・・・楽しかったね!

アクティブに遊びたいお友だちは・・・↓↓

↑畑でにんじんの種まき体験してみたり・・・

↑こ~んな素敵な「秋」を集めて、意気揚々と戻ってきたり・・・
本当に伸び伸びと思い思いのスタイルで、笑顔いっぱい、自由に過ごしていました。

ホースハーモニーは、まず初めに全員でレクチャーを受けてから、一人ずつタロウとルーカスとコミュニケーションを図って頂く体験をしました。

↓今回は特別企画「星山先生を囲んでの”相談フィーカ”」付きでした。
たくさんのお菓子を広げて、お茶を飲みながら、写真のような感じでした。
ハーモニーガーデンでは、初めての試みでしたが、皆さんかなり深く真剣な感じ。。。

この日初めて顔を合わせた方なのに、星山先生のお話をともに聞き、馬とのコミュニケーションの体験を共有した仲間だからこそ、話しやすい雰囲気、相手の気持ちを汲み取りたい気持ち・・・そういうものが高まって、より深い話ができたのでは?と感じました。

↑タロウとルーカスは、いつも変わらず「そこに在る」。

馬という生き物は、一度逢った人のことは決して忘れないと言われています。
ぜひ、またタロウとルーカスに会いに来てくださいね。

あれ? よく見るとルーカス、タロウのごはん食べてる・・・。
馬肥ゆる秋だしね。

タロウとルーカスも、お疲れさま。
参加してくださった皆さまも、大変お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。
葉山ハーモニーガーデン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする