「里山学校」初の試み!特別企画スペシャル相談フィーカ

2019年1月14日(月・祝)、晴天に恵まれて「大人のための里山学校 」特別企画スペシャル相談フィーカが開催されました。

今回は星山先生を囲んでたっぷりフィーカ!
フィーカとは、スウェーデンの文化で、お茶を飲みながらみんなで語らう「みんなが仲良く暮らしていくために必要な時間」を意味する言葉です 。

セミナーはありませんが、いつもの七色の子どもたちそれぞれの特徴と、それぞれどんな助けが必要か… 星山先生からお話しを伺いながら、参加者の皆様がそれぞれの思いを話し合い、和やかに、そしてホースハーモニーとの共通点を。
お茶をしながらたっぷり時間をかけて、星山先生を囲み、みんなで日ごろの思いや考えを共有する時間でした。

星山先生からある「孤高の天才アクアさん」が、「人とのつながりが希薄だったけれど、1人のセーブパーソン(理解して支えてくれる人)がいてくれたことで、自分はとても生きやすかった。」とおっしゃったとのお話しがありました。

人との関係性が希薄だとかは関係なく、アクアさんに限ったことでもなく、 どの色の子どもたちもみなセーブパーソンを必要としているのではないでしょうか。

それは私たち大人も同じです。
私たちも誰か一人でもセーブパーソンがいてくれたら、どんなに心強いことでしょう。
知らず知らずのうちに、誰かのセーブパーソンになっていたら、それも素敵なことですね。
子育ても仕事も、どんなにかお互い豊かなものになることでしょう。

みんなのセーブパーソン、星山先生

星山先生が長年、七色の子どもたちとそのご家族を見つめ、そこから出る言葉の一つ一つがもたらす信頼感と安心感。
信頼と安らぎの関係性を実際に感じて頂くのは、タロウとルーカスとの交流を通じて。
ホースハーモニーは私たちが言葉で理解するレベルをはるかに超えています。
理解ではなく、まずは感じる体験です。

ルーカスと星山先生
ルーカスは星山先生が大好き♡です


【遊び編】
大人がフィーカをしている横で、子どもたちは段ボールで制作活動!
ネタは前日開催と同じなんですが(-_-;)今日は違ったメンバーです!

みんなの段ボールを見つめる目が
段ボールカッターを持つ手が
本当に真剣です👀。

前日の里山学校Vol.6では、段ボールハウスを作ろうというスタッフの思いは最初から吹っ飛び、いきなり子どもたちの自由な発想で制作が始まりましたので、今回は、最初から子どもたちの発想に委ねました。
何ができあがるんだろう…???

制作の様子を見ると… もう言葉はいりません。

明星大学のお兄さんと真剣に話し合って、親ガメ子ガメ。そして浦島太郎!!
昨日、作ってくれたお友だちのカメさんをカスタマイズです。
家を作っている友だちの横で、思案中の様子。。。
その手前では、何か乗り物らしきものを作っています(^▽^)
だいぶ形になってきたね!丸窓からピースサイン!
笑顔がステキ✨
こちらは猫ちゃんとうさぎちゃん
ちゃんとお名前つけていたね♪
ウルトラマン博士の自信作「ゼットン」。
気分はもうシュワッチ!!
自立させるのに苦労して工夫していました!
段ボール工作が一段落したら、次の遊びにシフト!
階段の上から何かを転がし始めた~💨
兎にも角にも、みんなの楽しそうな表情が本当に印象的!!
こちらは二人で、木の葉っぱから何を感じているのでしょう?
手前にぶら下がっているのは、
「段ボールみのむし君」だそうです。(o^―^o)カワイイー!
お兄さんお姉さんと馬場を走り回る~。
あれれ? 裸足の子もいる!? 1月ですよ~⛄

安全には相互に注意を払いつつも、最小限の働きかけと最大限の見守りの中で、心底自分を開放し、相互に受容しあっている子どもたち。
幼児から小学生、中学生、大学生、大人までの異年齢の交流は、子どもたちの輝きで溢れます。
大人たちは、毎回その開けっぴろげな無邪気な笑顔に吸い込まれてしまいます。


【ホースハーモニー編】
フィーカをやりながら、順番でホースハーモニーを行いました。
今回のテーマも「優しさ」と「今」。

「こんにちは。ひさしぶり。元気だった?」という問いかけに
「はい。また会えて、本当にうれしいです。」と、ルーカス。
人の優しさがしみ込む・・・

タロウやルーカスと、優しさだけで触れ合う経験。
傍から見ると少し地味な光景かもしれません。でもこの時の自分の心の動きと、心の静まり。そしてルーカスのボディランゲージによる応答。
時間的にはとても短いですが、優しい存在になりきって、時間の長さ自体を忘れる体験はいかがでしたか?

ホースハーモニーでは「心が力まない」ことが大切です。
乗馬の世界では、馬に拒絶されたとか、馬鹿にされたとかおっしゃる方がいます。でも、ここでホースハーモニーを体験された方は、馬は人を拒絶したり、馬鹿にすることはなく、自分の心が反映しているだけだということがよくご理解頂けると思います。

最後に…
里山学校に度々参加してくださる中1の女の子から、心温まるプレゼントを頂きました♡。
タロウとルーカスをイメージして描いてきて下さったポスター。

本質をダイレクトに掴んだ表現にびっくりしました。
どうもありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする