あらっ、タロウちゃんいなくなっちゃったの?

本日、10月8日(火)早朝
タロウさんとルーカスに朝飼い(朝食)を着けていたときのこと。

犬の散歩で厩舎の前を通ったおばあさんが、
「おはよう。あらっ、タロウちゃんいなくなっちゃったの?」
このおばあさん、夏の間、腰を悪くされていて、しばらく外に出ることを控えておられました。

私:「えっ? タロウいますよ。」
おばあさん:「どこに?」
私:「目の前に。」
おばあさん:「・・・?」
私:「?」
あ! 私は気づきました。最近のタロウさん、顔つきが変わったから、別馬に見えているんだ。

私:「この馬、タロウですよ。顔つきが変わっちゃったでしょう。」
おばあさん:「あらやだ、ほんとだ。タロウちゃんだ。あらまぁ… 穏やかな顔して。前はやんちゃ坊主の顔してたけど。」

最近のタロウさんの表情は、「優しい」だけではありません。
「ゆとり」を感じさせます。
理由ははっきりしています。

ホースハーモニーの際、子どもたちとそのご家族の皆さまが、タロウさんの「スペース」をいつも考えて下さるようになったからです。

要は、人が偽りのない「敬意」を持って接するからです。

「スペース」とは… あ、いけない、いけない。
懸賞付きクイズの答えをいいそうになっちゃった。
続きは次回に。

いつもたくさんのことを気づかせてくれてありがとう。タロウさん。

今朝のタロウさん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする