ルーカスの隠れた一面

ルーカスは皆さまご存知のとおり、とても優しい馬です。
いつも人の心をそのまま映し、寄り添ってくれる、澄んだ目をした優しい馬。

タロウさんの野生の血(背中の鰻線(まんせんと読みます。))に、心から敬意を払い、いつもタロウさんを立ててくれます。たまにタロウさんの行儀の悪さを叱っていますが…

それはさておき、里山学校や馬の学校で、ルーカスに触れた皆さまは、ルーカスの優しく穏やかな一面しか見ておられませんが、ルーカスはその心の奥底に、激しいものを秘めています。
激しい内面を持ちつつ、それでいて静かに人に寄り添う、なかなかお目にかかれないような、情緒豊かな素晴らしい馬です。

今回は、ルーカスのトレーニングから、その内面が伺える場面をご紹介します。
二人の「気」でのやり取りは、またいつか改めて書くことにします。

さぁ、はじめようかルーカス

【激しいルーカス!】
今回注目したのは、ルーカスがトレーニング序盤に激しく走った一場面です。

ルーカスと大塚先生(馬の先生)の距離はたかだか3メートルくらいです。
リードも緩いですから、ルーカスは引っ張られてはいません。
これだけ馬体が傾いているというのは、半径約3メートルの円周上を全力で走り、遠心力で500Kgの体が外に膨らもうとするのを、自ら体を内側に内側にと傾けてなお全力疾走を続けようというルーカスの「意思」があるからです。

なぜ、こんな小さな円周を、そんなにムキになって激しく走るのか。

この時使っているリードは8メートルありますから、ルーカスが無思慮に走ると、どんどん円周が膨らんでいきますし、それに速度を落として走れば、体をそんなに傾けなくてもラクに走れます。

見ているうちに、ふっと思い出したことがあります。
ちょっと下の写真を見てください。

この2枚の写真には共通点があります。
それは「首の角度」です。体がどんなに傾いていても、頭は地面に垂直を保とうとしています。体が傾けば傾くほどバランス感覚は乱れ、最後は転倒します。転倒を防ぐには、頭が地面に垂直!これは簡単なことですがとても重要です。

上左写真の白バイ隊員はバイクと体を思い切り左に傾けていますが、頭は右に、地面に垂直を保とうとし、上右写真のブルーインパルスのパイロットは機体を左に傾け、左急旋回飛行中(地平線が45度くらい傾いています。)ですが、頭は右に。地面に垂直を保とうとしています。

地上でも空中でも、地球の重力方向と同じ方向に頭を維持してさえいれば、どんなに車体や機体の姿勢が急変化しても、バランス感覚を喪失することはありません。

半径約3メートルの円周上を、全力で走るルーカス。
500Kgの馬体を思い切り内側に倒していますが、頭は垂直!
頭を垂直にしなければならないほど馬体を傾けてまで、横Gに耐えて全力を出しています。

やたらとムキになって、自ら小さな円周上を激しく走っているように見えますが、頭の角度はきちんと自然の摂理にそって、バランスを維持しようとしています。

そこに激しさの中のほんの一瞬の「静寂」を感じるのです。

「今、ここ、自分」というのは、周囲の環境が穏やかでも、緊迫していても変わりません。激しく走ってはいても、ふっと見せるルーカスの「今、ここ、自分」。

ルーカスはタロウさんとは性格が異なり、「フンガァー!」と言っていきなり走り出すということはしません。
いつもはじめは、自分の力を出すことを少しためらって、「いいの?僕、力を出してもいいのかな。」と聞いてきます。
それでも今回のように激しい一面も見せることもあります。

ホースハーモニーには「馬はこうあるべき。」という「枠」はありません。
馬がどんな個性を持っていても、まずは「馬の在るがまま」を「人」も受け入れます。(もちろん、安全第一です。)

里山学校、馬の学校の皆様もいつか、ルーカスのこの内面の猛々しさというか、ガッツというか… なんというか… (言葉が見つかりませんが)、ルーカスのこんな一面を、皆さまとルーカスの最大の「信頼」で体験できますように。
私たちは子どもたちが怯えることなく冷静に、ルーカスの力を把握して、信頼関係のもとにパワーをコントロールする日が来ることを、そして、タロウやルーカスとのコミュニケーションを通じて、子どもたちが自分自身の「力」に目覚めることを、心から楽しみにしております。

ルーク、舌でてるよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする