【馬と人の関係】繊細さと柔らかさ、そして静けさ(2018.8.9)

馬とのコミュニケーションにおける基本は、
「観察する」、「感じる」、「察する」、「伝える」です。

1.観察する。
馬の目、耳、鼻など、顔の表情。
前足、後足、しっぽ、体の向きなど、馬体の動き。
注意深く、「繊細」に観る、見る、視る。
でも、凝視はいけません。
凝視されて気持ちのいい人は少ないでしょう。
馬も同じだと思います。

2.感じる。
目に見える顔の表情や馬体の動きから、
目に見えない馬の心を、心で感じる。
心で感じるときに「邪魔」をするのは何でしょう。

3.察する。
馬の心を感じ、情動を察する。
お腹が減ってるの?もうすぐ飼いをつけるよ。
走りたい? おう!走ろう!!
あ、今はそっとしておいてほしい?
嬉しいんだ! 私も!!
楽しいんだ! 私も!!

でも、人に固定観念や先入観があると、馬にとってはた迷惑なことに…
いつも人の心を「固くする」固定観念、思い込みは、
感じるときも邪魔ですが、察するときも邪魔です。
繊細な気持ちで観察し、
穏やかな気持ちで感じたことを、
柔らかな気持ちで察します。

4.伝える。
馬に意志を伝えることは、観察し、感じ、察したことの延長線上にあることを伝えたいです。
唐突に、いきなり指示!なんてことは、
それが服従だなんてことは…
ホースとの遥かな旅には…

ありません。

結果を急ぐ人が、
鈍感に、大雑把に、そして雑に「観察」し、
雑念に捕われ、うわの空で、「感じる」ことをせずに、
固定観念や先入観に凝り固まった身勝手な「察し」の後に、
すれ違いのことを「伝える」と…
馬はたまったものではないでしょう。

とにかく、静かに、深呼吸
深い呼吸で、静かな心で、肩の力を抜いて。

心の「静けさ」を静かに感じてみたとき、
あ、今なら静かに「観察し」、「感じ」、「察し」、「伝える」ことができそう!!

馬に会いたくなる!!!

目次に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする