ウマの理性

「理性」とは、辞書によると、

  • 物事の道理を考える能力。
  • 道理に従って判断したり行動したりする能力。

昔、テンプル騎士団(1119年~1307年)などヨーロッパの騎士達は戦場で戦うとき馬上で左手に盾、右手に剣を持って手綱を離すことがよくありました。

戦場ですから、ウマも背中に主を乗せながら敵のウマとぶつかり合うわけです。
ウマも必死に踏ん張り、手綱という意思疎通なしに主と心を一つにして戦います。

日本でも、源義経の鵯越の逆落とし(1184年)では、義経の精兵70余騎が断崖絶壁の上から平氏の司令部の背後を突き、一ノ谷の戦いを勝利に導きます。
このときの主を背中に乗せた70数頭のウマたちは、最初は坂道を下るというよりも、落下という恐怖でいっぱいだったのではないでしょうか。

イメージしてみてください。

あなたは馬上にいます。
いつもは脚と手綱という道具を使って馬と会話しています。
でも、突然、手綱が使えなくなったときや、手綱があってもそれが意味をなさないほど、短時間で過酷な環境に陥った状況を。

戦場などという極端な状況はさておき、ウマはとても臆病な生き物です。音や臭い、周囲の鳥や獣のちょっとした動きにもビクッとします。
ウマにしてみれば一瞬頭が真っ白…
そんなウマの馬上に居るあなたも真っ白…
相互のコミュニケーションが途絶えたと感じるときの不安と緊張、恐怖…

そんな時、ウマが頼るのは…
ヒトが頼るのは…

あ、このヒトがいるから大丈夫!
あ、このウマだから大丈夫!

お互いのほんの少しの理性のかけら

理性とは、冒頭に書いたように、

  • 物事の道理を考える能力。
  • 道理に従って判断したり行動したりする能力。

道理を「信頼関係」に置き換えてみると、
テンプル騎士団も鵯越の逆落としも、
納得。

コミュニケーションの手段は大切だけれど、
目的は手段ではなく、相互の理性
理性は大切だけど…
目的は理性ではなく、相互の信頼

「観察する」そして「感じる」
「察する」そして「伝える」

不安や緊張があればあるほど、
静かに静かに呼吸して、そしてやっぱり

「観察する」そして「感じる」
「察する」そして「伝える」

ウマの理性
ウマはいついかなるときでも、ヒトを「観察」し、「感じ」、「察して」、そして「伝えて」います。どんなときでも。
ヒトの心がウマを向いていないときでさえ…

こうして培われ洗練されているウマの理性
私の理性と比べると‥‥
ウマにゴメンナサイです。

目次に戻る